cocoe

【冷暖房効率UP】#DIY部 オフィスにブラインド導入の章・完結編

2021年12月21日

こんにちは!寒くなってきたからか腰痛が出始めたので、接骨院に通い始めました。
来年は骨盤を立てて姿勢をよくしたいなと思う今日この頃。ココエ営業部の鷹羽です。

さてさて、前回の記事でもご紹介した、オフィスへのブラインド導入の件。
繁忙期と重なり報告が遅れてしまいましたが、実はコツコツと作業を進めていました。
今回はその顛末をお知らせします。
#DIY部 初回活動報告はこちら
#DIY部 ブラインド導入の章・前編はこちら

ということでDIYの匠・平石さんとともに、
さっそく2×4(ツーバイフォー)材の買い出しに。
これは全国のホームセンターでかんたんに手に入るもので、
長さは㎜単位でお店でカットしてくれるので、工夫次第で使い方は色々。
組み合わせれば机や本棚なんかも作れちゃうDIY向きの木材です。


カットした木材をオフィスに運び込んだら、さっそく塗装にかかります。
ココエのオフィスが目指す「ブルックリンスタイルでカフェ風」なテイストを鑑みつつ、
また、前回決めたブラインドの色味にもトーンを合わせて、
今回は木目を生かしたステイン塗装で、渋めのウォルナットカラーを選択。

この木材が何になるのかと言いますと…実は「柱」なんです。
実はココエが入居する前は、このビルは撮影スタジオとして使われていたそう。
そのため、オフィスの窓周りの仕様が特殊なものなので、
通常のようにカーテンレールにブラインドを設置することができませんでした。

そんなワケで、窓に木で作った枠を取り付けるイメージで柱を設置して、
そこにブラインドをネジ止めして吊るすのが、今回の施工での狙いです。
※だからこんなに時間かかったんです…!


そして後日。木材が完全に乾燥したのを確認して、
取付用の突っ張りジャッキとブラケットを柱にネジ止めしてから、
窓枠にはめ込んでいきます。なんか早くも雰囲気出てきたような?


1F打ち合わせスペースにて柱を取り付ける平石さん。
巨大シャンデリアに頭をぶつけながらも高所作業を頑張りました。


苦労の甲斐あって、無事に取付が完了しました!
1Fはプリーツスクリーンの「もなみ」というモデルで、和紙調のやさしい質感が特徴。
和室にも洋室にも使えるモデルですが、このベージュの色味が
ココエのオフィスの雰囲気にもとてもマッチしています。


こちらは「アップダウンスタイル」という構造を採用していて、
上下に開閉するWジッパーのような仕様です。
外からのぞかれないように目線は隠しつつ、しっかりと調光を確保できます。
見晴らしのいい大きな窓がついたオフィス用途にもうってつけです。


2Fにはウッドブラインドを取り付けました。
どうですか、この木目の美しい風合い。そしてスラットが映す光と影。
木製ブラインドならではの洒脱な雰囲気ですね。オシャレすぎて震える…。

***

令和三年の秋、再始動したココエ #DIY部。今回で無事任務完了と相成りました。
一連の施工によって、図らずもブラインド取付スキルがかなり上昇してしまった #DIY部。
万が一ブラインド取付や導入に悩んでいる企業さまがいらっしゃいましたら、
ココエ #DIY部 までお気軽にお声掛けください!

#DIY部 へのお便り・ご意見・オファーはこちら


Share on