cocoe

【社員紹介 #4】「30年後に後悔しない働き方を!」

2021年12月16日

私の経歴


大学卒業後、出版社に女性ファッション誌の編集アシスタントとして入社。キュレーションメディア最盛期頃に、自身の興味が紙からウェブにうつっていったことをきっかけに女性向けウェブメディアへ転職するもなぜか恋愛マッチングアプリで働くことに。メディアよりも直接的にユーザーの人生にいい影響を与えるマッチングアプリに感動し、アプリ内コンテンツの作成運用から、SNS運用、LP制作、オウンドメディア設立、グロースハック等に従事。日々いただけるユーザーの幸せな声に満足しつつ、自社サービスにしか携わったことのないことに疑問を感じていたところ、スカウトをいただきココエへ入社。


ココエに魅力を感じたワケ


これまでの働き方では同じ会社の同じチームの方と関わる量が圧倒的に多かったのですが、自分がこの先何十年も働いていくことを考えたとき、居心地がよい仲間たちとばかりコミュニケーションを取っているのでいいのだろうか?という想いがありました。

「漠然と自社サービスという枠から飛び出したい」「営業やお客様のニーズを叶えるような業務ができる環境に身を置きたい」と考えるようになりました。


転職活動に関しては前職のサービスも仲間もとても好きだったので、積極的に転職する気にはなれず転職サービスに登録だけをしていました。そんなときにココエ代表の近藤からご連絡をいただき、面談する運びになりました。


第一印象はとってもパワフルな方だな!という印象で、それは今も変わっていません。コンサル業務の経験がないことを懸念する私に対して「あなたならできるよ!」と強く言ってくださり、業務内容も理想的であったことから「この会社だったら、色々な業務が経験できそう。この人について行ったら、私が望むレベルアップができそう!」と感じ転職を決めました。


入社して間もないですが、日々先輩社員のみなさんの心強いサポートを頂いて間違っていなかったなと思っています。


20年後、30年後に後悔しない働き方がしたい


IT業界にいると同じ女性で同じような業務をして活躍している年上の方があまりおらず、自分自身が20年後30年後は一体何をやっているのだろうか?と不安に思うことが時折あります。


30を超えてその漠然とした不安が高まっていた時に、同じ業界の先輩女性である近藤から連絡をもらえてご縁を感じました。


大学卒業後から20代後半までの数年間は割と仕事が大変だったのですが・・・あの時の自分がいたから「ココエに出会えたという現在」があると思っています。

20年後、30年後にココエで過ごす日々があったから自分が成長できたと思えるよう日々頑張りたいと思います。


女性向けサービスやアプリのグロースを担当してきた経験を活かして、お客様の希望を実現するお力になれればと思っています。


読んで頂きありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします!最後の写真はコロナが落ち着いてから旅した那須どうぶつ王国です♪



Share on